www.beeches.jp
山行記録:頚城山塊:妙高山麓:池の平スキー場

www.beeches.jp mountain report:M1201:Date:20120113 myokou-erea:ikenotaira(Niigata-pref.)

山行記録 M1201 2012年01月13日 妙高山麓:池の平スキー場(新潟) BC SKI




晴れていた橅の森が霧に覆われると急に暗くなりやがて雪が舞い始めた。

シルバーシーズン2012は昨年のクリスマスから降り続いている大雪で、日本海側の降雪量は例年になく多い。ホームゲレンデとしている妙高高原池の平温泉スキー場周辺の道路も除雪の壁がかなり高くなっている。サイドカントリーも雪遊びするに十分な降雪量を確保しているのではないかと思われた。そこで今シーズン初日ではあるが、ゲレンデは後回しにしてブナの林にハイクアップに向かった。


【山域】頸城山塊 妙高山麓 旧カナメリフト山頂駅から麓
【場所】新潟県
【日時】2012年1月13日(金)
【コース】妙高池の平スキー場付近の山麓
【メンバー】単独
【装備】BD KILOWATT 155cm,Diamir Freeride Pro,Garmont Endorphin / Garmin60CSx /ツェルト/ダウンインナー
【撮影】Richo GXR A12 28mm/P10
【天気】晴/曇/雪

長野盆地の河川敷やその周辺に広がる果樹林は、一面霧氷に覆われ白く輝いていた。

車の燃料が凍らないように寒冷仕様の軽油を入れるため、霧氷の果樹園を脇に見ながら車を走らせた。長野盆地から野尻湖へ向かうと雪は徐々に深くなり、ところどころで大型の除雪機が歩道を確保するため片側交互通行にして除雪をしていた。一月にしてはかなり多い雪だ。常宿は池の平スキー場が現在の位置にできる前、その下にスキー場がありその上部にあった。いまは静かな木立にかこまれた常宿に到着して新年のあいさつを済ませた。ザックにカメラとシールを詰め込み、様子見にスキーゲレンデに向かった。知りたいのは、ゲレンデの様子ではなくスキー場より上部の様子である。クワッド山頂駅を降りて白田切川側の旧カナメリフト乗り場の方に入り込み、シールを装着した。とはいえ上部まで登るつもりはない。写真撮影が主な目的のようなものである。
平日で誰も侵入していない森にバージンスノーを楽しむべくFatを選択している。


橅が雪面に幹影を落とし白と黒の陰影を残していた。

最初は青空が広がっていたが山は次第に泣き出しそうになってきた。膝まで沈む雪の中をあちこち写真を撮りながら登ってゆく。陽光が雪面にブナの木立のシルエットを映し出したり、消したりしている。樹上を見上げると、葉を落としたブナの枝が陽光をいっぱい浴びようと競い合って広げている。


陽光眩しい

やがてカナメリフト頂上部が近くなり、大きな雪の傘を被ったリフトの施設が見えてきた。まるで生きているかのようにも見える。この上まで行くか迷っていると雪が舞い始めた。今日は様子見、ここからパウダーランを楽しむことにしよう。シールをはがし、誰もいない一面の雪野原へ飛び込ませてもらった。


ブナ林を見上げると枝が毛細血管のように広がっている。光を最大限に浴び吸収しようと競って枝をひろげている。


Latest update:Jan. 21, 2011

Copyright c 2005-2011 www.beeches.jp. All rights reserved.