www.beeches.jp
山行記録:小津権現山:旧久瀬村

www.beeches.jp mountain report:M1126:Date:20111126 odugongen-yama:odu(Gifu-pref.)

山行記録 M1106 2011年11月26日 小津権現山:旧久瀬村小津集落(岐阜)


久しぶりの山歩きにこの春に登った小津権現山に出かけた。体がなまっている事が予測されることに加えて、まだノーマルタイヤであることからこのところの寒さで路面状況がつかめていない事もある。早く帰宅したいことも理由のひとつなのに、近場であることからなんと自宅を8時に出発というなんとも自分らしからぬ山行である。まあ、現地には9時少し前には到着して、白くなっている山頂部を目指して、さあ出発である。と、思ったらストックなしであることに気がついた。最近ストックなしで登山していない為、すこし不安を覚えるが、まあなんとかなるさ!

晩秋の山肌 高屋山の東面斜面

【山域】伊吹・越美山地 小津権現山(1157)
【場所】岐阜県
【日時】2011年11月26日(土)
【コース】旧久瀬村小津集落から新登山口(林道上杉谷地点で駐車)-高屋山-前衛峰-小津権現山(往復)
【メンバー】単独
【装備】通常装備(スパッツ、ツェルト)  
【撮影】 Nikon D700 24-120mm F3.5-5.6 / Richo GXR A12 28/50 
【天気】晴
【地図】樽見

9.20 430m 新登山口(駐車場)
10.45 956m 高屋山
11.55 1157m 小津権現山
12.25 ----m 下山開始
13.55 430m 新登山口(駐車場)

駐車場に到着すると車は一台もない。遅い時間なのだが、今日は誰も権現山を目指す者はないようだ。
空ザックに食料などを詰め、登山靴を履いていると、車が上がって来た。どうやら後続してくれるお仲間ができたようだ。ストックを忘れたが、この山なら大丈夫だろう と安易な気持ちで入山。ところが最近はストックなしで登らないためか、最初は異様に違和感を覚えた。おそらくストックを持つ場合とで、微妙に重心位置が異なるためではないだろうか?しばらくすると感覚を取り戻して普通に歩けるようになった。高屋山手前から雪が登山道を覆い始めた。高屋山の山頂の少し手前から小津権現山までは約2KMの道のりである。山頂まで雪の上を歩く事になりそうである。それでもしっかりと踏み固められていて、歩きやすい。初冠雪の日には多くの登山者が訪れたのではないだろうか。高屋山からしばらく行くとちょっと下るが、ここは滑りそうである。ストックがあれば容易に通過できるのだろうが、慎重に進む。偽ピークの脇を通って、最後に少し登れば山頂である。


花房山

小津権現山山頂に到着すると、隣の花房山が端正な姿で美しい。ちなみに、小津三山の雷倉は花房の陰で見えない。


能郷白山

西美濃最奥部の能郷白山も初冠雪で、尾根筋は雪に覆われているようである。


一際白い白山

白山はやはり白い。能郷白山と花房山の間、そのずっっと奥にある。最も高いのは御前峰である。そのすぐ左は大汝峰。剣ヶ峰は隠れて見えない。御前峰の右側すこし離れたところにあるのが、別山である。大汝峰のさらに左のでっぱりは、七倉や四塚である。やっぱでかいね白山は!

山頂から見る加賀白山、能郷白山、そして花房山を堪能したら、持ってきたおにぎりとパンを食べる。しばらく山頂にいたのだが、誰も登って来ない。登山口でお会いした人たちは、もしかして高屋山までが目的だったのだろうか?高屋山ではこの眺望を得る事はできない。もしかして積雪に断念?
お腹もいっぱいになったので下山である。下りは雪解けで滑りやすいので慎重に下ってゆく。やはり、「ストックは持つべきである。」との結論を得た。
車の中に常備しておこうかな?

Latest update:Nov. 26, 2011

Copyright c 2005-2011 www.beeches.jp. All rights reserved.