www.beeches.jp
山行記録:御嶽山

www.beeches.jp mountain report:M1121:Date:20110812 Ontake-san(ootaki-top):Tanohara(Nagano-pref.)

山行記録 M1121 2011年8月12日 御嶽山:田の原王滝登山口(長野)



御嶽山はご存知の如く日本有数の霊峰であり、御嶽講信者による登山が今も多い。同じ霊峰と知られている白山では殆どみなくなっている講の人々がこちらでは普通に登っておられる。
実のところ、近くにありながら登山の対象としてこなかった。今回は山慣れていない両親を連れてののんびりとした山旅である。ちょっと時間が読めないのが難点であるが、天候に恵まれるのが確実な日を選んでの登山である。


王滝山頂より見る御嶽山剣ヶ峰(3063.6M)

【山域】御嶽山(3063.6m)
【場所】岐阜県
【日時】2011年8月12日(金)
【コース】王滝登山口(田ノ原)-八合目避難小屋-王滝(神社)頂上)(王滝登山道往復)
【メンバー】橅ヶ山とその両親
【装備】通常装備(ツェルト、ストック等) / Garmin60CSx
【撮影】Richo GXR S10/P10/A12 50mm/A12 28mm
【天気】星空→快晴
【地図】御岳(高山)

2.45 2190m 王滝登山口
4.55-5.05 2500m 八合目石室
7.08 2800m 九合目石室
8.10-9.00 2920m 王滝(神社)頂上
11.50-12.10 2500m 八合目石室
14.10 2190m 王滝登山口

このところ山間部では午後から雷雨となる天候の日が多いようであるものの太平洋高気圧の勢力が少し回復気味で天候はよさそうだ。登山道王滝口の起点となる田の原は御嶽山6合目(標高2160m)にあたり王滝神社までの標高差はおよそ730mである。
まだ暗い2時45分に登山口を出発、両親の体力消耗を避けるため気温が上昇しないうちにできるだけ登ってしまう作戦である。もちろん全員がヘッドライトを装着しての登山開始である。
田の原を出発してから大江権現までは参道のようになっていて幅の広い平坦といっても良い道が続く。ここまでは凡そ30分と快調に来たが、ここからが登山道らしくなる。土の上に岩がごろごろした登山道になる。林間を抜けてしばらくゆくと金剛童子が祀られている社に到着。ここからしばらく標高を稼ぐと8合目石室である。ここで休憩を兼ねて御来光まで待つ事にした。


赤く染まった空を背景にする中央アルプス稜線

中央アルプスと八ヶ岳が大きな山塊をつくっており稜線がはっきり見える。八ヶ岳方面の空に雲があり、その雲が一段とあかるい。パンを頬張りながらしばらく待つと、赤く眩しいお日様がこちらを照らした


8合目石室付近よりの御来光 八ヶ岳山塊の左端付近より陽は昇る。右端は甲斐駒ケ岳

御来光をみると直に出発。次の目標は9合目である。9合目あたりからは中央アルプスの更に奥に、南アルプスの高峰が顔を覗かせる。そして富士山も遥拝することができた。


御嶽山9合目石室から王滝頂上を目指す橅ヶ山の両親

一口水はほんのちょろちょろでそのまま通り過ぎた。途中でおふくろの荷物のほとんどを背負う事にしたのでザックはまるでテント泊登山の荷物である。なんとか9合目石室に到着する。あとは王滝頂上を目指すのであるが、ここから風が出て来た。中央不動からはかなりの強風で、おふくろは途中何度も立ち止まるようになった。風に吹かれながらもなんとか王滝頂上に到着した。風をよけるように石垣で囲われた王滝山頂神社に参拝。ここで持って来たお握りを食べる。


王滝神社の石垣からみる剣ヶ峰 そして本殿

風がなければ剣ヶ峰、御嶽神社奥社まで行くつもりであったが、あまりにも風が強い。はじめての高所ということや、ここまでかかった時間なども考慮して、ここでゆっくりして下山にかかった。
ご存知のごとく御嶽山の山頂部は広大な台地になっていて、いくつもの火口湖と、それを囲むように複数の山頂がある。その最高峰は剣ヶ峰(3063.6m)からの眺めは一人で走ってゆくという選択肢も考えたが、次の機会ということにした。

下山は登りより慎重を強いられる。山になれない事もあるが、標準コースタイムよりかなりの時間を要することになった。これはいかしかたないところ。一方で、帰りは母親は人気者となった。登ってくる人たちに年齢を何度も聞かれるからである。もちろん話が弾むこともあった。高山病の症状もでずに上機嫌で下山することとなった。

下山を始めると日差しがきつくなり、汗をかくほどではないが暑くなって来た。下山の途中、それに下山後に凍らして来たフルーツゼリーを食べたのが格別に旨かった。そして下山後は木曽福島にある”とちの屋”さんで長寿蕎麦を食べる。最近はご無沙汰していたが、懐かしく食べさせてもらった。
今回は格別に良い登山となった。御嶽山の神々に感謝!

Latest update:Aug 13, 2011

Copyright c 2005-2011 www.beeches.jp. All rights reserved.