www.beeches.jp
山行記録:伊吹・越美山地夜叉ケ池-三周ヶ岳

www.beeches.jp mountain report:M1113:Date:20110521 yasyaga-ike,sansyuugatake:ikemataani(Gifu-pref.)

>

山行記録 M1113 2011年5月21日 夜叉ケ池?三周ヶ岳:池又谷林道神又谷分岐点(岐阜)



最近の人の多さには閉口してしまうほどの人気のハイキングコース、夜叉ヶ池に久々に行く事にした。今日は夜叉ケ池を経由して三周ヶ岳まで行くプランである。
5月も下旬に差し掛かるこの時期は雪が少し残るが花が多く、新緑も美しいところである。
登山口付近まで車で入れることを期待したが、甘かった。林道にも夜叉壁にもまだまだ残雪多く、今年の雪の多さを実感させられる山旅となった。


残雪の残る夜叉壁


【山域】伊吹・越美山地 三周ヶ岳(1292.0m)
【場所】岐阜県
【日時】2011年5月21日(土)
【コース】池又谷林道神又谷分岐点 - 夜叉ケ池岐阜県側登山口 - 夜叉ケ池 - 三周ヶ岳 (ピストン)
【メンバー】単独
【装備】通常装備(スパッツ、ツェルト、ストック等 夜叉ケ池から三周ヶ岳は薮コギでもよい服装/装備が必要) / Garmin60CSx
【撮影】Richo GXR S10/P10 
【天気】曇り→ときどき晴
【地図】広野(岐阜)

6.30 510m 池又谷林道神又谷分岐点
8.13 760m 夜叉ケ池岐阜県側登山口
10.08 1110m 三国岳-三周ヶ岳分岐(夜叉壁最上部)
10.13 1100m 夜叉ケ池周辺-分岐
11.27-48 1292m 三周ヶ岳
13.00 1110m 三国岳-三周ヶ岳分岐
14.33 760m 夜叉ケ池岐阜県側登山口
16.10 510m 池又谷林道神又谷分岐点

例年GWごろの閉鎖場所と同じ、神又谷第一砂防ダムの碑があるところで封鎖されており、ここに車を置いた。これで今日も先週に続いてハーフマラソンを越える道のりとなることを覚悟する。約7キロある林道は、残雪が残っているだけでなく、林道上の木々がかなり林道に地面ごと落ちてきていた。かなりの荒れようである。雪の残り具合は雪の少ない年のGWより多いかもしれない。


写真上 左より 通行止め地点 林道の残雪 同崩れ落ちた木木 登山口手前の鳥居
写真下 左より 徒渉点、橋はない 最大の徒渉点は雪の下 幽幻の瀧 夜叉壁の瀧

歩き始めて直に体調に少し異変を感じる。やや体が重い。ゆっくりしたペースで進むと体が暖まってきたのか次第に体の重さは和らいだ。林道にはまだまだ雪が残り、至る所で雪の上を歩くことになる。林道の直下に雪解け水が滔々と流れているので、落ちればヤバいが、幸いそのような危険を感じる場所は無かった。今年は雪ばかりではなく、林道上の木が根ごと路上に落ちてきているところも随所にあり、完全に道を塞いでいる。そんな状態なので、舗装された林道歩きと違って、まるで障害物競走である。思ったようにはすすめず、時間を要する。出発から1時間45分ほどでで鳥居に到着した。登山口から沢に降りるとこの時期は橋が流れたりして4カ所ほど徒渉して急な登りとなるはずだが、一カ所は雪の上を歩いた。登山道も今年倒れた木も多いが、以前より崩壊がすすんでいる気がする。この冬の雪の影響もあるのだろうか、それとも単なる経年崩壊か?

雪の多い事ばかりを書いているが、実はとても新緑が眩しく、とても気持ちのよい。この山は中腹の?林の新緑は残雪に生えてことのほか美しいのである。また丁度、イワウチワからコイワカガミに花が移ろうとしている頃になり両方の花が楽しめる。また、至る所にスミレサイシンが咲いており、目を楽しませてくれる。夜叉壁付近にはまだまだカタクリが健在で、オオバキスミレも色を添えていた。


今回の山歩きで出会った代表的な花々

その夜叉壁に近づくと残雪が多くなり、瀧は雪の上から眺めることとなった。夜叉壁の沢も雪でまだ埋まっている状態であったが、ここで瀧を間近で見る為に雪渓を詰めたら、登山道に復帰するのにやっかいなことになってしまった。 やむなく薮を選んでこれに掴みながら這い上って、夜叉ケ池を望める稜線にでた。さすがに5月下旬になるので池は雪で埋まっていることはなかった。


登山道途中より望む夜叉壁(左) 新緑の夜叉ケ池(右)

時間をおかず三周ヶ岳に向かう。ここからは笹を分ける部分が多いが、稜線で見晴らしのよいところも多い。シャクナゲとコブシが奇麗な稜線なのだが、久しぶりのためか、こんなに笹を分けねばならんかったか?と以前登ったときの事を思い出すが、定かではない。三周ヶ岳山頂は開けてて展望はよい。霞んでいて遠景は望めないが、かすかに先週登った能郷白山が確認できた。


三周ヶ岳へ続く稜線から 中腹の?林 咲いたばかりのコブシ

さて、往路を帰るのだが、足が悲鳴をあげなければよいのだが…それにしても今日は暑い。熱い。3Lのスポーツドリンクは帰路の林道半ばで尽きた。 雪が多く残っている割にこの熱さ。それでも間近のブナの新緑は眩しいほどに美しかった。来てよかった。



Latest update:June 26, 2011

Copyright c 2005-2011 www.beeches.jp. All rights reserved.