www.beeches.jp
山行記録:頚城山塊:妙高山麓:池の平スキー場

www.beeches.jp mountain report:M1101:Date:20110123 myokou-erea:ikenotaira(Niigata-pref.)

山行記録 M1101 2011年01月23日 妙高山麓:池の平スキー場(新潟) BC SKI(23)


妙高高原池の平温泉スキー場をホームゲレンデにして毎年雪遊びをしている。今年、シルバーシーズン2011も23日で5日目となった。23日は大雪となりスキー場脇の?などの林をツリーランしました。
(本来は山の記録とは云いがたいのですが、シルバーシーズン2011 Day 5は記録として加えました。)

【山域】頸城山塊 妙高山麓 1000-1500m
【場所】新潟県
【日時】2011年1月23日(日)
【コース】妙高池の平スキー場付近の山麓 -
【メンバー】単独
【装備】Volkl SnowWolf 168cm,Diamir Freeride,Garmont Adrenalin
【天気】雪/曇

シルバーシーズン2011はDay 5を迎えた。
シーズンはじめに長らく使っていたゲレンデ用ブーツのインナーが無惨な状況となり、山用のGarmont Adrenalinを常用ブーツとして使用しています。
早くバックカントリーへ出かけたいと思っているものの、今年はまだその領域へは足を踏み入れていない。
今朝は布団のなかで除雪機の音が聞こえたのでかなり積もったと思われたのだが、宿の前で30センチくらい。食事をしながら見える昔ゲレンデだったという宿の前にある林が雪ではっきり見えないほどに降っている。
どうやら明け方から再び本格的に降り出しようだ。おそらく上部は視界も悪いとの予測されるものの、パウダーを楽しむには絶好の日ではある。 実は昨日は体調も優れなかったのだが、早く寝たおかげで体調はかなりもどったようた。せっかくの新雪を逃す手はない。食事を済ませると、パウダースキーを楽しみにゲレンデへ向かった。

ゲレンデは雪が程よく積もっている。思わずサイドカントリーと呼んでいる林間へ入り込んだ。ゲレンデトップから快適なツリーランを楽しむために木に積もった雪が時々、スノウシャワーとなって降り注いでくる。ここはダケカンバやブナの林を滑る楽しいコースである。ダイナミックに浮遊感を楽しもうと尾根筋から谷に向かって降りかけたとき、前方にカモシカが現れた。

今年初めてのカモシカとの遭遇だ。木の陰まで進み、そこからこちらを伺っている。カモシカにしてみれば、俺の敷地に入ってくるな!と云っているのだ。

しばらくするとラッセルで消えていった。

(カモシカ君のラッセルのあと)


Latest update:June 26, 2011

Copyright c 2005-2011 www.beeches.jp. All rights reserved.