www.beeches.jp
山行記録:両白山地:白山

www.beeches.jp mountain report:M1016:Date:20101011 kaku-san:ohshirakawa(Gifu-pref.)

山行記録 M1012 2010年8月21日 白山:大白川(岐阜)



2010年08月21日 白山:大白川(岐阜)

お盆の後の最初の登山は白山である。今年最初の白山登山でもある。花の山、白山を登るならもう少し早い時期がよいが、この時期でもきっと楽しめるはずである。


大倉山稜線より 御前峰と剣ヶ峰 


【山域】両白山地 白山(2702m)
【場所】岐阜県
【日時】2010年08月21日(土)
【コース】大白川-大倉山-白山室堂-白山(平瀬道往復)
【メンバー】単独
【装備】通常装備(スパッツ、ツェルト、ストック等) / Garmin60CSx
【撮影】Canon G10 
【天気】うす曇り→曇り
【地図】白山(金沢)


4.30 1250m 大白川登山口
6.40 2030m 大倉山大倉山避難小屋
8.20 2448m 白山室堂
9.10-9.20 2702.2m 白山 御前峰山頂
9.40-10.05 2448m 白山室堂
13.40 1250m 大白川登山口


まだ真っ暗な中4時半に登山開始である。ヘッドライトをつけての登山である。
しばらく登ってゆくと北アルプス方面が暁色に染まり始めた。やがて東側の視界が開けるところに出ると陽が登り始めた。北アルプスのランドマーク、槍がはっきりと確認でき、そこから南岳へ続く稜線の丁度昼間あたりからの御来光である。大キレットを経て穂高もはっきりと確認できる。こんな日に山頂から迎える御来光はすばらしいのだろうなと思うが、それは望み過ぎだろう。ちなみに日の出は5時20分であった。


大倉山中腹よりの御来光 北アルプスの穂高から槍にかけての稜線がはっきりと確認できる。

しばらく進むと未だ暗い橅林に朝日が差し込み赤く染まっていた。しばらく佇んでいたいほどに美しい。


暁に染まる橅 大倉山中腹 

大倉山の尾根に出てしばらく進むと、紺碧の空に映える御前峰と剣ヶ峰が姿を現した。ムシカリがすでに赤い実を付けている。
大倉山を過ぎると白山らしく花の登山道となる。さすがに最盛期はすでに過ぎているが、十分に楽しませてくれる。カンクラ雪渓の脇を通る登山道は一気に高度をあげるがほどなくして平らになる。ここらあたりが賽の河原で、室堂まではまだしばらく歩かねばならない。室堂に到着すると白山奥宮祈祷殿でお参りして、山頂に向かった。


白山奥宮祈祷殿

山頂で写真を撮ってもらい、石盤のところに行って山々を確認する。いまのところまだ北アルプスが確認できるもののやや雲が多くなって来た。別山や大汝、剣ヶ峰の背後から入道雲が登り始めた。

室堂にもどってお腹を満たし、ゆっくりと秋の気配がする花たちを眺めながらの下山した。

Latest update:July 30, 2011

Copyright c 2005-2011 www.beeches.jp. All rights reserved.